スポンサーリンク

地元の寵児ベロックが2回戦へ [ブエノスアイレス/男子テニス]

?

地元の寵児ベロックが2回戦へ [ブエノスアイレス/男子テニス]

 アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されている 「アルゼンチン・オープン」(ATP250/2月13~19日/賞金総額54万6680ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、地元ファンのお気に入りであるカルロス・ベロック(アルゼンチン)がヨセフ・コバリク(スロバキア)を6-4 6-4で倒して2回戦に進出した。

 アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)はヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)を6-3 6-3で、ギド・アンドレオッツィ(アルゼンチン)とレンツォ・オリーボ(アルゼンチン)の地元勢対決は、アンドレオッツィが2-6 6-4 6-4で、アレッサンドロ・ジャンネッシ(イタリア)はロジェリオ・ドゥトラ シルバ(ブラジル)を5-7 7-6(6) 6-4で倒し、それぞれ2回戦に駒を進めた。

 第5シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)はギド・ペラ(アルゼンチン)を6-7(8) 6-4 7-6(6)の大接戦の末に下している。

 一方で、第7シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)がトミー・ロブレド(スペイン)に4-6 3-6で敗れ、シード勢で最初の敗退者となった。

スポンサーリンク

 トップ4シードは1回戦がBYE(免除)で火曜日に試合はなかった。第1シードは錦織圭(日清食品)、第2シードはパブロ・クエバス(ウルグアイ)、第3シードはダビド・フェレール(スペイン)、第4シードはパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)となっている。

 錦織の初戦の相手は、ファクンド・バグニス(アルゼンチン)を6-1 6-4で下して勝ち上がったディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に決まった。

 アルゼンチン・オープンは、ラテン・アメリカのクレーコート・シリーズの2番目の中継地。もっとも大きな大会は来週ブラジル・リオデジャネイロで開催される「リオ・オープン」(ATP500)となる。そこでも錦織が第1シードとなっている。

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010003-tennisd-spo


ベロック
2017/02/15 20:11
錦織選手の試合はどれでも高視聴率を期待できるのに
なんでガオラ、NHK.B/S、地上波は
放送権購入しないんだろ(´・ω・`)?

ベロック
2017/02/15 23:19
見出しの漢字を読めなかった自分はバカなのかな

ベロック
2017/02/16 00:16
ちょうあい(寵愛)の寵だから
ちょうじ(寵児)じゃね?
間違ってたらすまん

スポンサーリンク