スポンサーリンク

フェデラー、優勝後のお祝いの様子と今後の話 [全豪テニス]

?

フェデラー、優勝後のお祝いの様子と今後の話 [全豪テニス]

 ロジャー・フェデラー(スイス)は日曜日の夜、疲れきった脚に最後の大きな努力を強いた。全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)で獲得した18度目のグランドスラム・タイトルを祝うため、踊りに行ったのだ。

 そして太陽が昇ったあと、彼は家族で泊まっていたホテルのスイートルームで目を覚ました子供たちと、さらにお祝いをした。

 多くの人々が史上もっとも偉大なテニスプレーヤーと呼ぶこの男は、驚くべきカムバック・タイトルからさらに先を見つめ、今年のウィンブルドンでもうひとつタイトルを加える希望について話した。

 35歳のフェデラーは膝の故障により6ヵ月の休養をとったあと今月復帰を果たし、そして第17シードで全豪オープンに臨んで優勝を飾った。自分自身を驚かせたこの結果に、彼は相応しいお祝いをしないではいられなかったのだ。

「日の出までにはホテルに戻ったよ」

 まだ喜びにあふれ、晴れやかな表情のスイスのスターは、ラファエル・ナダル(スペイン)に対する5セットの勝利の翌日にこう言った。

「メルボルンの日の出を見て、それから部屋に戻っていった。素敵だったよ。長い夜だったけど、すごく楽しかった。皆が上機嫌だった。これは特別な日だった。特別な…数週間であり、それは素晴らしい形で幕を閉じた。バカなことをして、楽しんで、すべてを忘れた。すべてのプレッシャーは消え去り、僕らは皆、ただただ祝っていた。素晴らしかったよ」

 フェデラーは体調は大丈夫だと感じたが、恒例となっている優勝者の記念撮影で疲れきったと言う。

「脚がものすごく痛んでいるし、背中も凝っている。なにせ何も治療を受けず、その上で踊っていたわけだからね」とフェデラー。「まだ気分はハイだ。最終的にどこかでつぶれるとは思うが、それはそれでいいよ」。

 自分はいいダンサーというより、“楽しいダンサー”だと告白したフェデラーは、2歳の双子の息子、レオとレナートが父親のグランドスラム大会を初めて経験したことにワクワクしたと言う。また彼は7歳の娘ミラ・ローズとシャーリーン・リバは、彼のトロフィーを見てこの上なく興奮していたとも話した。

「僕が部屋に入っていったとき、子供たちは目を覚ました。だからちょっぴり奇妙な瞬間だったよ」と彼は言った。「でも、それでもやはり、本当に素晴らしかった。僕がトロフィーを手に入っていって、子供たちが目を覚ましたとき、皆とても機嫌がよかったからね」。

 2012年ウィンブルドン以来となる、このフェデラーのもっとも予想外のグランドスラム優勝の重要性を感じとったのは子供たちだけではない。

「人々は僕がふたたびグランドスラムで優勝したということについて、純粋に僕のために喜んでくれているようだった。特に、この優勝について…たぶんケガから復帰したあとにこんな形でカムバックするというのは、おとぎ話みたいなものだからだろう」。

 彼は押し寄せたメディアにこう言った。

「あらゆるレベルで多くの人々が喜んでくれていると僕は感じたが、そのことは僕自身が幸福だということ以上に重要なことだ」

 それから、フェデラーはこう続けた。

「ビッグマッチだということは自覚していたが、もしかすると僕はこうもビッグな試合だったとは気づいていなかったのかもしれない」

 フェデラーは復帰第一戦のグランドスラムで優勝できるなどという考えは、決して抱いていなかったと言った。準々決勝くらいまで勝ち進み、シーズンの残りに向けてポジティブな流れをつくれれば、と思っていたのだと言う。

「僕は今回、第17シードで早いラウンドで強敵と当たるタフなドローになるだろうから、通常よりずっと厳しくなるだろうとわかっていた」とフェデラーは言う。

「自分がトップ選手にとって危険な存在となることが可能だとは思っていた。もしかしたらひとりくらい倒せるだろうが、でもおそらくそれが限界だろうと想像していた。なぜって体が痛み始め—-実際そうだったが—-そのせいでレベルが落ちるだろうと思ったから。ところが、体が痛んでもレベルのほうは落ちなかった。僕のレベルが安定していたということ、これは僕自身にとっても大きな驚きだったよ」

 フェデラーは2月27日からドバイで始まる大会の前に、よく考え、体をしっかり回復させるための時間をとるという。それから彼はインディアンウェルズ、マイアミに臨み、そのあと欧州でのクレーシーズンに移行するが、細かい日程はまだ完全には決められていない。彼はグラスコート・シーズンとウィンブルドンに移行する前に、全仏でのプレーを意図していると言い、「あそこ(ウィンブルドン)では、よりいいプレーができるとわかっている」と言い添えた。

 フェデラーは全米でもいい成績を挙げるチャンスを擁していると感じており、また来年にふたたび全豪のタイトルを加えることができれば、と願っているとも言った。

「もちろん、来年戻ってこられるよう願っている」とフェデラーは言った。「あと数年はプレーできるよう願っているからこそ、僕は6ヵ月のオフをとったのだからね」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00010000-tennisd-spo

スポンサーリンク


ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:01
これが史上最強

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 07:38
東京オリンピックまで頑張ってほしい!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 10:37
昨年?くらいに錦織が東京オリンピックについてのインタビューに応えてたけど「2020年は自分も選手として一番脂がノッていて成熟してる時期のはずだから~。」というコメントのあとに「さすがにフェデラーも引退してるだろうし!」って言ってたんだよね。
ぜひ東京オリンピックも現役で、強いフェデラーが来てくれたら嬉しいよね。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 11:37
2018年まで順調にシーズンが進めば東京にフェデラーが来るのはあり得ない話じゃなくなってきますね!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 07:49
この復活優勝はまさに史上最高のプレーヤー!もう誰もフェデラーの記録は破れない。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 10:32
ただただかっこいい。
強さだけではなく、人としても本当に魅力的。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:50
フェデラーが父親になって初めて優勝したグランドスラムの大会が全豪オープンだったな
2010年に優勝したときは双子のお嬢ちゃんたちは生まれてまだ半年くらいで2012年ウィンブルドンの時もまだまだ小さかったけど成長した今ならパパの偉大な姿が記憶に残ると思う

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 07:44
まさか今年年間グランドスラムとかないよね?
ほぼ無理だろうけど彼ならやりかねない。全豪だって優勝は無理だと思ってたしね。とったらもう伝説どころの話ではないよね。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 10:09
全豪に勝ったからこその最高のおとぎ話!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:24
GS20回制覇は達成して欲しい。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 09:02
いい話です。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 13:11
フェデラーの記録は誰にも破られたくない。あと2回とって20にして欲しいなぁ

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 10:50
決勝はまさに世紀の一戦だった。テニスに限らず、スポーツの試合でこれ以上のものが向こう100年現れなくても納得できる。物凄いものをリアルタイムで見てしまった…という感慨が日を追うごとに深まる。
osa*****

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:10
ただただ凄いよ、偉大なプレイヤーとしか言い様がない。ウィンブルドンに期待してしまうが・・欲張りすぎかな?

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 09:56
まさに史上最高のプレイヤー!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:50
今以上のレベルになるっていうなら、やっぱLEGEND。
KINGだしGOD。
そこらの選手とは異質。
全仏はナダルで全英をフェデラーが獲ったりしたら、昔の状況に…。
ジョコやマレーが躍動するか…。
どっちにしてもBIG4は未だBIG4なわけだ。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 11:49
間違いなく今メンタルが充実してるのはフェデナダですがジョコとマレーもカタールの決勝で激戦を演じてるので…2017年は誰が1位になるか読めないですね。
ただBIG4が均等的に強かった2012年シーズンのようになると他の選手がGSやMSを獲得するのが本当に困難になりますよね。
お互いが強力なライバルだからこそBIG4はあれだけの強さを誇ってるとは思いますが、全員別の時代に生まれていたら全員が年間GSを達成出来るほどの力がありますよね(笑)
努力だけで人はこれほど強くなれるのかと感心、というか驚きを超えますよね。
もちろん生まれ持った身体能力やセンスはあるでしょうが、想像の域を超える努力や目標を真っ直ぐ捉える貪欲さがあるんでしょうね。
ジョコとマレーの早期敗退は残念でしたが群雄割拠となるのか楽しみなシーズンです。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:20
クレーシーズンは無理しないで、ウィンブルドンに照準を合わせるのは、いい戦略かもね。とにかく、怪我しないよう気を付けながら、長くトップでいるフェデラーを観ていたい。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 10:36
フェデラー選手の復活劇は
フィクション映画をみているようでした。
でも、これは現実なんですよね。
素晴らしいとしか言いようがありません。
それから、フェデラー選手のテニスは
本当に美しくて、益々ファンになりました。
(^^)

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:00
やっぱり西洋人は体力が違う。。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 09:50
どの試合も本当に素晴らしくて、決勝戦は1球たりとも気の抜けないスーパーショットの連続。観戦していた人にはとてもいい時間でしたでしょうね。フェデラー、おめでとう?

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 07:45
ほんとうにすごい。芝の王者としてウインブルドン制覇するのに期待!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 09:36
こういうインタビューの受け答えを読んでいると、自分がプレーするのも、見るのも、プレーしている人も、見に来るファンも、全てをひっくるめて「テニス」というスポーツが好きで、それが物凄いモチベーションになっていることが良くわかりますね。
だからこそ、応援したくなる(´・ω・)
Gt*****

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 12:29
レジェンド!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 09:20
この大勝利をきっかけに早々にコートを去った強者たちも進化してぶつかってくる。
楽しみだ。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:26
双子ちゃん大きくなったんだな。
フェデラー選手がパパなんてステキ!
あっ、うちのお父さんもとても良い人です!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:40
生きる伝説、この言葉の重みに相応しい人だ!ウィンブルドンでまた、、期待します。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:22
フェデラーを見ていて思うのは、
彼の人生、生活、体型が、
テニスにOptimise(最適化)されているということ。
自分という人間の特性を分かっている。
休みが必要なら、休む。テニスを忘れるべき時は、忘れる。
必要なトレーニングはやる。
必要以上の筋肉はない(前腕など、かなり細い)。
追うべきボールは追う。
諦めるべきは追わない。
いつ、何をどうすべきか、が完璧に分かっている。
今は、ダンスや家族で、リラックスすべき時だから、
適度に羽目を外している。
やるべきことを、やるべき時に、やるべき量やっている。
だから、35歳で優勝しても、すごいと思うが、驚きはしない。
優勝しておかしくない生活、プレーをしているから。
その点、錦織は?
女とホテルにこもって、練習をさぼり、
マイケルチャン、両親が激怒。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 12:40
ラファが成し遂げられなかった4大大会2勝ずつ以上の偉業
全仏ではロジャーとジョコが挑戦か
それを復活した砂魔人ラファが迎え撃つとかすごい状況だなw

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 12:08
錦織とのマッチを見ていても、衰えはほとんど見えなかった。
かつて1位に居た頃のロジャーを見ているかの様だった。
そしてそのまま優勝。
素晴らしい。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 11:58
フェデラーのテニスは、美しい!ほんとうに美しい!
最高の芸術を見せつけられました。感動!!!!

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 11:47
長男、次男と3人で肩を抱き合って喜んだ。8年前全豪決勝でナダルに負けた時の悔しさを、我々も晴らすことが出来ました!
nag*****

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 08:42
Keiに勝った時の喜び様が頭から離れない。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 12:36
わかります。
優勝が決まった瞬間は別として、錦織選手に勝った時の喜びかたが印象的でした。
記事を読んで、その意味がわかった気がしました。

ロジャー・フェデラー
2017/02/01 09:30
文字通り、身を削って仕事してるんですね。
しかも偉大な仕事を!
最高のパパだし!!

スポンサーリンク