スポンサーリンク

昨年は1度もなし/錦織の初戦敗退メモ

?

昨年は1度もなし/錦織の初戦敗退メモ

<テニス:リオ・オープン>◇21日◇リオデジャネイロ◇男子シングルス1回戦

 世界5位で第1シードの錦織圭(27=日清食品)が、まさかの1回戦敗退だ。同76位のトマス・ベルッシ(ブラジル)に4-6、3-6のストレートで敗れた。錦織の初戦敗退は15年全米でペア(フランス)に敗れて以来約1年半ぶり。

 ◆錦織の初戦敗退 09年に右ひじの手術を受けて1年近く実戦を離れ、10年4月に世界ランクが消滅した。11年年頭に100位に復帰して以降、124大会に出場し、初戦敗退は18大会しかない。それも、半分近い8大会が11年で、トップ10に定着した14年以降は今大会を含めて4大会だけ。特に昨年は初戦敗退がなかった。現在のトップ10で昨年、初戦敗退がなかったのはマリー、錦織、フェデラーの3人。フェデラーは、6月のウィンブルドン以降、左ひざのケガのため欠場しており、1年を通して見ると錦織とマリーだけだった。

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-01782838-nksports-spo

スポンサーリンク


錦織圭
2017/02/23 17:18
この表見ると、強くなったってきたのはつい最近と思っちゃう。
グランドスラムの優勝は見てみたいな。
良いところまで行っても結局は優勝してなきゃダメな評価だから、前哨戦として大きな大会で目立ってほしい。

錦織圭
2017/02/23 14:05
全米の初戦敗退が3回もあるのね。

錦織圭
2017/02/23 18:05
逆にグランドスラムで唯一決勝進出があるのも全米

錦織圭
2017/02/23 10:18
奇数年だし…(震え声)

錦織圭
2017/02/23 10:16
初めて出場した大会でもあるし、たまには初戦敗退もありますよぉ~。
気持ち切り替えて、マスターズ初戦に挑みましょ~。

錦織圭
2017/02/23 10:23
ヨーロッパのクレーの大会とは別ものですね。サーフェス、ボールに即座に適応は難しい。地元選手に有利なのは当たり前。ただ錦織は南米は合わないと思ったはず。上位が参戦しないのはそれなりに理由が有ると思う。高温多湿の気候、夜型の環境、食事、体力を消耗しただけの大会に成ってしまった。怪我をしなかったのが何より。

錦織圭
2017/02/23 20:44
トップ選手は出場義務もおおく、オフシーズンもいろんなイベントや番組出演を抱えている。錦織は「ふだんない経験なので新鮮です」とというが、連戦と移動が格段におおいプロテニス選手は、フィジカルの意地とメンタルコントロールが特に重要になる。
初戦敗退という結果よりも、今後も連戦と移動が続く中で、いかにいいコンディションを維持して大きな大会で好成績をあげられるかが重要だね。コメントをみると、かならずファンからとくに「体力面」の指摘がなされる。年々経験値もあがっているはずだが、それでも難しいのだろう。
ジョコやマレー、復活してきたフェデラーやナダルらは超人的なスタミナをもっている。5セットマッチを7試合こなせる自信があるんだろう。それができないとマスターズもGS優勝も遠のく。
今シーズンはまだ始まったばかり。

スポンサーリンク